レオタードなどの情報

かつて、中国のアミューズメントパークでは、アトラクションの演目として、女子新体操選手に扮した女性スキューバダイバーが、水中でダンスを披露したことがあります。こちらは、巨大な水槽の中で、潜水しながら演技するものですが、外見的な印象と様式を整える目的で、女性ダイバーは、体操・新体操などで使用するローレグ・長袖タイプのレオタードを着用し、足ヒレ・水中ゴーグルをつけて入水しました。水槽の中では、着衣水泳をする感覚で演技を披露し、全身ずぶぬれになるなどの点から、こちらは、レオタードが水着として用いられた事例の1つと言えます。

続いて、女子プロレスラーが試合で使うコスチュームも、かつて、水着を改修したものを用いたことから、水着と呼ばれるのが通例です。1990年代後半以降になっても、新人女子プロレスラーの試合用コスチュームには、水着を改修したものが多く存在しました。しかしながら、後にコスチュームが多様化したこともあって、現在では、「リング・コスチューム」もしくはその省略形である「リンコス」という呼び方が定着しています。

次に、女性用の水着は、デザインの違いから、「ワンピース」・「ツーピース」という2種類のタイプに分けられます。

Copyright©2017 デザインと水着 All Rights Reserved.